京都SKY観光ガイド協会

一般観光のご利用者様や修学旅行生に案内をはじめ、社寺・仏閣などに常駐して案内するなど、幅広く京都観光のお手伝いをしています。

HOME ≫ 龍馬が、桂小五郎が駈けた!~動乱の幕末史跡を巡る~ ≫

コースRT001
龍馬が、桂小五郎が駈けた!
~動乱の幕末史跡を巡る~

ルート案内

所要時間:約2時間
  • 祇園四条

  • 徒歩5分
  • 土佐藩邸跡

  • 徒歩5分
  • 三条大橋

  • 徒歩5分
  • 木屋町御池

  • 徒歩10分
  • 木戸孝允旧邸

主な見どころ・ポイント

木屋町・高瀬川周辺の幕末・明治維新史跡群

(散策自由)
木屋町・高瀬川周辺には、幕末から明治維新にかけて活躍した人々の足跡があちこちに残されています。勤皇の志士の寓居址など多くの史跡が現在では当時の姿を留めず、繁華街の片隅に石碑や駒札が残るのみですが、坂本龍馬が海援隊屯所とした材木商・酢屋、木戸孝允の別邸(一部)などの遺構は今も残されており、往時の姿を偲ぶことができます。その他、高瀬川一之舟入、池田屋騒動之址、坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地(近江屋)を初め、多くの史跡を巡ります。

酢屋

(入場有料)
坂本龍馬が匿われていた材木商・酢屋では、龍馬が投宿していた二階に、龍馬と酢屋の歴史を紹介する「ギャラリー龍馬」を開廊しています。

木戸孝允旧邸

(見学無料)
木戸孝允旧邸のうち二階建ての建物一棟と庭園の一部が現存しており、昭和7年に国の史跡に指定されています。木戸孝允の養子である木戸忠太郎が収集した多数の達磨を収納した「達磨堂」とともに見学できます。
また、療養中の木戸孝允を明治天皇が明治10年にお見舞いにお越しになったという石碑が残っています。

拝観料・その他情報

  • 酢屋:入場料500円(営業時間10:30~17:00、水曜日休業)
  • 木戸孝允旧邸:見学無料

交通費

  • 不要

 

戻る モデルコース一覧へ戻る  

京都SKY観光ガイド協会
電話 075-221-1516
FAX 075-211-9030

京都SKY観光ガイド協会
所在地
〒604-0874
京都市中京区烏丸通
丸太町下ル ハートピア2階
電話番号
075-221-1516
FAX番号

075-211-9030

受付時間
10:00-16:00
事務所休業日
土・日・祝
年末年始12月29日~1月3日

TOP

モバイルサイト

京都SKY観光ガイド協会スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら