京都SKY観光ガイド協会

一般観光のご利用者様や修学旅行生に案内をはじめ、社寺・仏閣などに常駐して案内するなど、幅広く京都観光のお手伝いをしています。

HOME ≫ 応仁の乱の史跡をめぐる ≫

コースRN001
応仁の乱の史跡をめぐる

ルート案内

所要時間:約3時間
  • 千本釈迦堂

  • 徒歩20分
  • 宝鏡寺

  • すぐ
  • 百々橋

  • 徒歩5分
  • 細川勝元屋敷跡

  • 徒歩5分
  • 報恩寺

  • 徒歩5分
  • 山名屋敷跡

  • 徒歩5分
  • 西陣碑

  • 徒歩15分
  • 室町殿跡

  • 徒歩5分
  • 大聖寺

  • 徒歩5分
  • 花の御所跡

  • 徒歩5分
  • 相国寺

  • 徒歩5分
  • 上御霊神社
  •  

主な見どころ・ポイント

千本釈迦堂

(境内拝観自由。本堂・霊宝館拝観有料)
本堂は京洛最古の国宝の建物。
本堂の内には、応仁の乱の激戦の跡を示す刀槍の跡が残る柱が有り、美しい仏様、おかめ伝説が残ります。

宝鏡寺

(境内拝観自由。堂内は春秋の人形展で公開)
人形寺と呼ばれ、皇女和宮ゆかりのお寺です。

百々橋

応仁の乱激戦の地。こんな狭い場所で数万の兵が戦ったのでしょうか?

報恩寺

(境内拝観自由。堂内は通常非公開)
「撞くなの鐘」の伝説をもつ畠山持国ゆかりの鐘や「鳴虎」があります。

山名家屋敷跡

応仁の乱西軍大将山名宗全の屋敷跡。山名町の名が残り、今日でも地蔵盆の時に供養されています。

室町殿遺跡

この地点から東北に花の御所が有りました。

大聖寺

(通常非公開)
尼門跡一位の寺です。

相国寺

(境内拝観自由。春季・秋季に方丈・法堂など特別拝観)
三代将軍義満が開いた寺。かつては132万坪の境内地を誇りました。
応仁の乱の激戦地となった相国寺は3日間炎上し、西軍兵士六百の首が打ち取られ、蓮池が血に染まりました。

上御霊神社

(境内拝観自由)
応仁の乱勃発の地です。

拝観料・その他情報

  • 千本釈迦堂:本堂・霊宝館拝観料600円
  • 宝鏡寺:春・秋の人形展 拝観料600円(日程はホームページで要確認)
  • 相国寺:春・秋の特別拝観 拝観料800円(日程はホームページで要確認)
    承天閣美術館 拝観料800円

交通費

  • 不要

 

戻る モデルコース一覧へ戻る

京都SKY観光ガイド協会
電話 075-221-1516
FAX 075-211-9030

京都SKY観光ガイド協会
所在地
〒604-0874
京都市中京区烏丸通
丸太町下ル ハートピア2階
電話番号
075-221-1516
FAX番号

075-211-9030

受付時間
10:00-16:00
事務所休業日
土・日・祝
年末年始12月29日~1月3日

TOP

モバイルサイト

京都SKY観光ガイド協会スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら